寒さ対策が必要な状態のイメージ

冬に北海道旅行!その寒さ対策とは?

北海道を旅行するのに適している時期はいろいろあるのですが、北海道というと、冬の味覚を楽しみたいので、冬に訪れたいという人も少なくありません。

しかし冬場に北海道を訪れる時に心配なのが、寒さではないでしょうか。日本でも北部に位置する北海道ですから、雪も多いですし、通常の寒さ対策では十分ではないこともあるのですね。

そんな冬に北海道を旅行するときのための寒さ対策をご紹介します。

防寒着にダウンは必須

防寒着としてダウンジャケットは必須です。しかも腰までの上着だけではなく、おしりもすっぽり覆うことが出来、膝丈程度まであるとしっかり寒さを防ぐことができます。

ダウンジャケットは保温性に優れているので、防寒着に適しています。ただ表面は防水加工がしてあり、雪などでも使用できるものを選択しましょう。

膝下までのブーツも必要

旅行の時には、雪の中を歩くという時もあります。そんな時に足物が濡れないようにしっかりと寒さ対策を取ることが大切です。

濡れたままでいたり、雪が入り込んでしまうと足の指の血液循環が悪くなり、しもやけなどの可能性もあるからですね。そんな時に必要な寒さ対策が、膝下までのブーツです。着脱が簡単で、裏底には滑り止め加工がしてあるものがおすすめです。

手袋や耳あても必須

雪だけならいいですが、時には、風も強く吹くこともあります。そんな時に考えたいのが、手袋や耳あての使用です。風があると、体感温度は更に下がります。

また指先や耳というところは、体の末端になるので、冷えやすく循環不全になりやすいのですね。そのためにしっかり手袋や耳あてをして寒さ対策を取ることが大切です。

『冬に北海道旅行!その寒さ対策とは?』のまとめ

北海道の冬は、厳しいですが、それを経験してこそ、真の北海道の魅力を知ることも出来るのです。寒いからといって、いろいろなことが体験できなかったら残念です。

寒さ対策を取って、どんどん外に出ていろいろな北海道を経験するのがおすすめです。

寒さ対策を取って、冬の北海道を快適に旅行する

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP